ももいろガーディアン
アリスソフト

◇DATA◇
発売:2009年9月18日
DVD-ROM1枚  主人公以外フルボイス
ジャンル:モテモテ魔王様 命がけエッチADV

原画:うろたん
シナリオ:もみあげルパンR、HIRO

「アンタ、誕生日が来ると魔王になるから」

そんな突拍子もないことを、誕生日間近になって母親から言われた主人公、瀬野拓真。
訳がわからないので、拓真は気にせず普通に生活を続けようとしたが、そんな思いはあっさりと打ち砕かれる。
戦闘服に身を包み、大剣を操る2人の少女が、突然拓真の前に現れたから。
白い戦闘服を着た少女の名は玲奈・フロウレイン。「魔王」の復活を阻止することが目的だといい、拓真の命を狙う。
そして、黒い戦闘服を着た少女の名は霧崎楓。「魔王」に仕え、主人を守ることが役目だという彼女は、玲奈から拓真を守ってくれた。

魔王復活の日まで拓真を監視するといい、学園に入学してきた玲奈と、
拓真を守るために、同様に学園に入学した楓。
そして、容姿端麗な学園のアイドル、執行部長の雫も、なぜか拓真に急接近。
急に騒がしくなった拓真の日常。更に街中では、怪しげな宗教団体や邪教の信者にも襲われる始末。

果たして拓真は、無事誕生日を迎えることができるのだろうか?

総評:6

絵が気になって購入した、アリスソフトの低価格作品。

世間の評価ほど、悪い作品ではないと思うんですけど…どうよ。
期待してた絵が良かったので、シナリオがそこそこでしたが、低価格ソフトなので特に不満は感じませんでした。

■シナリオ  ・・・5点
誕生日になると魔王になるらしい主人公を中心に、彼を狙うヒロインと、守るヒロイン。
主人公本人は、魔王になって世界を破壊したいなんていう思いは皆無なので、絶対に魔王にはならないと誓う。
果たして、結末は…?という、割とわかりやすいシナリオ。
そして、ヒロインが戦闘服を着る作品にはありがちな「エッチで体力回復」系。ザ・わかりやすい
わかりやすいため、それほど驚きや感動はなく、評価は中央値にとどまりました。

ゲーム期間は12日間+エンディング、エピローグで、7日目の途中からヒロイン別ルートに分岐します。
低価格ソフトなのでシナリオがあっという間でも仕方ないと思っていたのですが、
それほど短くなかったデスヨ?私の感覚がおかしいのだろうか(汗
日数でいうと半分以上共通ルートなんですけど、そんなに「個別ルート、短っ!」とは思いませんでした。
(ただ、共通ルート部分は少々だるいかも。スキップ使うと、あっという間に終わるけども。)

個別ルートの内容に関しては、いまいち盛り上がりに欠けるというか…
せめて玲奈は、もっと葛藤してもいいような。主人公がモテモテすぎるのが駄目なんでしょうかね。

エチは、4人のヒロインそれぞれに複数回あり、内容はまぁ、普通レベル?(基準があいまいw)
ファンタジー要素のある作品の割に、シチュが普通だったんですよ。
フェチ要素の濃いシーンというと、ふた○り、母乳ぐらいでしょうか。
あ、ハーレムEDのイベントが5Pじゃなくて8Pの乱○だったのは、エロゲでは珍しいと思った。
決してNTRではないんですがね。このあたりはファンタジー設定を活用。
(ハーレムルートは、もっと阿呆臭い展開かなと思ってたけど、意外とちゃんとしたシナリオでしたw 主人公の発言が、ちょっと阿呆だけども。)
戦闘服でのエチシーンは欲しいだろ!と思ってたんですが、それは終盤に用意されてました。
ただ、ちょっと脱ぎすぎな感じがして、惜しい。
(それほど脱いでなくても、肌色を強調する構図が多いせいで、あまり衣装が映えてない)
イベント数は31シーン。
前半のイベントはCGの使いまわし(シーンごとに、僅かに差分はあり)が多かったのも少々残念。

■絵  ・・・7点
外注絵師として、うろたん氏を採用。外注だからか、珍しく担当名がOHPで公開されています。
(仕様とかには書いてないけど、ちゃんと探せば書いてある。)
最初に書いた通り、絵に期待して買ったのですが、期待は裏切られず、綺麗で可愛い絵でした。
顔はロリィけど、体型はむっちむちです。おっぱたゆんたゆん。(紗緒のみ小さめ)
腕や足の骨格+筋肉の描き方がお上手だと思いました。リアル感ありで○。
もう少し通常イベントCGがあってもいいじゃない?と、HCG率を見てから思いましたが、
プレイ中に「ここはCG欲しいだろ!」とツッコミたくなることもなかったので、問題ないレベルです。

ただ、ちょっとデッサン(体躯バランス)は特徴あり。
立ちグラだと腰〜尻の大きさが気になります。
↑これは画風なのでそこまで気にならなかったんですけど、
雫のパイズリCGは、やたらロリキャラに見えて違和感を感じました(原因は肩幅と手の小ささだと思う)。

イベントCGは差分抜いて40枚、HCG率75%
低価格ソフトなのでまぁ、こんなもんでしょう。
前半のエチイベントCG使いまわしが惜しい!と思ったので、絵柄に対する気持ちは8点だけど7点評価にさせていただきました。

■システム  ・・・6点
極めて普通の、選択式ADV。
それでも中央値+1なのは、CGも含めて振り返ることが出来るバックシーンモードがあったため。
普通のエロゲはバックログのみで、バックシーンモードを搭載しているのはminoriのefシリーズ(first/latter)しか
私はプレイしたことがなかったのですが、本作は、その両方を搭載
必要に応じて使い分けることができました。何気に便利。

あと、ルート選択画面が少し変わっていて、一日を終えた後に出てくる選択画面が、
“いつでも好きな日にちに戻れる”という、あまり使わない気がする選択形式でした。
個別ルートを終えた後、次のヒロイン攻略に移るのが楽というのは認めます。

ちなみに、選択肢は非常にわかりやすい内容なので、ヒロイン攻略に苦労することはありません。

セーブはノーマル100箇所、クイックセーブ1箇所(クイックセーブ用の枠はなく、ゲーム中に「Qload」で呼び出すのみ)。
ゲーム内経過日数(○日目)、セーブ日付、セーブ時のメッセージを一行分のみ表示。
使いやすいとは言えませんが、それほどセーブやロードは必要ないので、それほど不満なし。
(↑シナリオが短め&前述の日付選択画面で用が足りるため)

■音楽  ・・・7点
全体的にピアノ曲が多いですが、アリスらしい(?)ドラム入りの熱めな曲や、エレクトーンの曲もあり。
特に問題は感じないけれど、強く印象に残る曲もないかな…。
主題歌は『ときめき☆ガーディアン』。歌うのは片霧烈火さん。
うん、ギャルゲっぽい。嫌いじゃないけど、好みではないです(汗。
総曲数は22曲+ボーカル曲1(short/longの区別はせず)。低価格ソフトにしては数が多いかな?と思ったので7点にしておきました。

■総評  ・・・6点
「アリスなのに、薄い」という評価を受けて、点数が低いレビューが多い気がするんですが、悪くはないと、私は思います。
アリスだって、普通のADV作ったっていいじゃない!と。
値段と、メーカーを意識しない評価でこの点数。お気軽エロゲですね。
決して高い評価ではないんですけど(汗)、「買うんじゃなかった」とは思ってません。
うろたん氏の絵柄が気に入れば、問題ないと思いまっす!

お気に入りキャラ …楓
うーん、玲奈とどちらにするか迷いました。ツンデレ系の玲奈も、嫌いじゃないんですよ。
個別ルートの薄さが、キャラの印象付けを弱くしてしまったかなー。
そんな中で、最初はただ義務感から拓真を守っていた楓が、義務感以上の感情を持っていく描写が可愛かったです。
あと、私、意外と(?)不思議系キャラが好きなんですね。実感した。
ランクを付けると、楓>玲奈>>紗緒>雫 です。

2009.10.04

(C)アリスソフト

BACK