永遠の都

◇DATA◇
発売:
(初版)1998年10月30日
 (リメイク版/neigeと同梱)2002年12月6日
CD-ROM1枚  256色  女性一部ボイス
ジャンル:ロマンティックホラーADV
原画: あきら
シナリオ: 倉部珠子 ちゅんく あきら

ちぇりーそふとデビュー作。リメイク版はノベル形式だったものをADVに変え、
一部音楽、背景の差し替えを行ったとのこと。

幼い頃に父親をなくし、現在は母と義父、そして義父の連れ子『まりこ』と暮らしている主人公。
夏休みのある日、瀬戸内海の孤島「九月島」にある『久遠寺家』でメイドをしているまりこのペンフレンド『圭子』から、「すごく変なことがあった。早く来て。ちょっと怖いんだ」という内容の手紙が届く。
そして、主人公はまりこと共に九月島へ向かう。

九月島で出会う様々な人、不思議な出来事、そして事件。
孤島での数日間、それは主人公の人生をどう変えてしまうのか…?

◆コメント◆
(一部ネタバレ部は反転してくださいませ☆)

私がやったのはリメイク版です。
もともと「絵が綺麗じゃないとやらない!(やれない!)」というタチなので、正直やり切れるかどうか不安だったのですが…
良かったです!珍しく「続き早くやりたい(読みたい)っ」と思いました。
あまり期待しずに取り組んだので余計良かったのかも?
とりあえず、Darling以降シナリオに関してはイマイチな評価をつけてたちぇりーなので、久々の合格点です。(リメイクだけども。)

攻略対象が選べないという異例のシステムに、最初はまんまとはまりました。
速攻バッドED!みたいな。
びっくりしました、本当に(苦笑)
ヒントシステムに慣れた体では、選択肢がドキドキでした。
でも相手が選べない=謎が順番に解けて行く ので、話はわかりやすかった〜。
CRAVEは順番間違えると解りにくかったりしましたからね(私は、時計回りにやっても混乱しましたが;;)
まぁ↑はシナリオ量が多すぎて混乱したんですけどね。複雑だった…。

シナリオに関しては特には…あ、
実の妹でも、戸籍上は他人だ!大丈夫!とわりきってしまうのは、すごいなーと(^^; なんか怖い。
その意味も含めて、実は夕紀エンドは結構危険な終わり方かも…。

CGは、ホント今のあきら先生の絵じゃないのが悔やまれます!
まぁ人は成長するものですから仕方ないのですが。
この絵あってこその、今のあきら先生なのです!
デッサンはそういうことでまとめますが、色指定がどーかなーと思いました。
メイド服が赤かったり、アルビノの白髪が緑だったり…
下着はみんなシルクなの?みたいな感じでしたね(笑)
とにかく全編まぶしい原色ワールドでした。
ところで、よく某板で突っ込まれてる「長い胴体」じゃなかったですよね??
Heroine以降はわざと長かったんですか?よく知りませんけど。
背景は入れ替えってことで「あ、これって○○の部屋!」とか思い出せて面白かったです←注目点違。
でも、オリジナル版の背景がどんなだったのかすごく気になる。
CG見た感じでは、花畑もポピー(?)じゃなくてチューリップだったっぽい?
オリジナル版、オークションで安くで見つけたら買ってしまうかもしれません…。

お気に入りキャラ
:…(悩)。ルックスでこの子!てのはなかった…。敢えて言うなら夕紀かな…。(印象)影ありな感じが。
お気に入りシナリオ
:夕紀ハッピー版。危険な展開ではあるが、思い悩む姿がヨシ。「和久さんは私の父じゃなかったの!」の時は「おぉ!やっぱハッピーEDなのか♪」と一瞬期待してしまいました…。ネタバレ込みで行くと美紀ですがねー。タイトルの由来はわかるし、みんな幸せで終わってるし(^^。座薬とかお風呂とかトイレとか…すごく微妙なワザを使ってるなぁと(笑)。年齢的にこれで終わりなのか?とも思ったんですが違いましたね。で、結局実年齢何歳なんでしょう。19歳??

このページでは、ちぇりーそふとの著作素材を引用しております。
これらの画像の転載を禁じます。