鈴菜日記
(ROOT)

◇DATA◇
発売:2004年5月28日
CD-ROM1枚  ボイスは鈴菜のみ
ジャンル:こすぷれ☆かーどばとるADV
原画:CARNELIAN
シナリオ:宙形安久里 西貝言羽

ORBITのFCで限定発売された、あの『顔のない月』の続編。
カードバトルに買って鈴菜をコスプレさせよう!

倉木の山での一件の後、同棲生活を始めた鈴菜と浩一は、
一週間お隣りの留守を預かることになった。
好きに使っていいと言われたその部屋は撮影スタジオになっており、たくさんの衣装が…。
一週間限定、ラブラブカップルのコスプレ大会が幕を開ける。

総評:6.5

ORBITファンクラブ専売ソフト。
顔月の続編!鈴菜と浩一がラブラブ!!という売り文句に飛びつきました(笑)
これだけ認められてるギャルゲーカップルも珍しいですよね。

■シナリオ ・・・5点
様々な衣装が用意されたスタジオでカードバトルを行い、バトルに勝つと鈴菜とコスプレHができるという流れ。
やや設定が苦しい気もしますが、ま ファンディスクのようなものですしいいってことで?
でも発売前に私が期待していたものとはちょっと違っていて残念でした。
ラブラブな二人が見たかったのに、繰り広げられるのはイメクラプレイ(爆)
割と凌辱的なものが多いのです。(演技なんだけど)
浩一、性格歪んだね? ←顔月のトゥルーED後だと考えてですよ。
毎日最初とイベント後にちょっとした会話がありますが、前半は大した内容なし。
後半のは鈴菜を想う気持ちが現れてるものもあって、それは良かったかな。

■絵 ・・・8点
CARNELIAN先生なので文句ないです!…と言いたいところだったのですが。
ちょっといろいろと粗が目立ってしまったかな。
一番目にする立ちグラの鈴菜がかわいくないのはいかがなものかと。
セリフの横に出る表情アイコンは前作の絵をそのまま使っているので、それとのギャップも激しかったです。
そして全てのCGにおいて、髪のハイライトがしっかりと入れられていないので何か物足りない。
ただ、「おいしそうな肌」の表現はやはりお見事でした。肌がすごく柔らかそうなのですよ。
足とか胸とか、こんなにキレイに塗れるのはうらやましぃ…。
この塗りと線(形)がエロさを高めてるような気もしますが(^^;

イベントCGは差分抜いて30枚、HCG率97%。シーン数は20でした。

■システム ・・・8点
月曜〜金曜は鈴菜と神経衰弱バトル。鈴菜よりも先にコスプレカードを揃えるとイベントに突入する仕組み。
土曜はその時点の対戦成績によって違うイベントが発生した後でED。
神経衰弱はさほど難しくありません。裏が透けて見える時にメモっておけば、シャッフルカードが出るまで当て続けられますし(悪)。各曜日に3種類ずつ衣装が用意されているので3回プレイすれば平日イベントは集められるでしょう。あとは、ED条件をうまく満たせばOK。
ED条件の一つに、ただ点を取れば良い訳ではないものがあるのでそれを出すのはちょっと難しいかも?その際、既に見たシーンのスキップはもちろん可能ですが、このスキップがすごく速かったので快適でしたー
ちなみに、コス衣装はOPに私服(オーバーオール)、平日に15種、EDが4種の計20種
セーラー服、ナース、メイド服といったお決まりのものから スク水、子犬、魔法少女といった「鈴菜がこんな服を!?」と思うもの、更には宇宙服、花魁、検査服といったちょっと珍しいものまでいろいろ揃っております。

■総評 ・・・6.5点
登場人物が鈴菜と浩一だけ(←厳密には違いますが)だという時点で、鈴菜が衣装を変えるしかないことは予想できました。
実際、期待以上の数のコスを披露してくれたことは良かったです。
ただ私は、もう少しラブラブしてほしかったー。
カードバトルもそれほど難しくないので、繰り返して何度も挑戦しよう!とは思わず、意外とやりこみの面白さはありません。
シナリオも薄かったように思うので、宙形さんのシナリオっぽさがなくて残念。
鈴菜好きな方にはとりあえずオススメしときます。量はそこそこながら、CGは一見の価値あり(ほぼエロCGですが)。
シナリオは…うぅーん…というのが正直な感想。
むしろ、これはカードバトルゲームであってシナリオはないに等しい…か?(酷)
でも、コスプレや軽い凌辱っぽいのが好きな方にはばっちりだと思います。

■お気に入り衣装 : 花魁、くノ一
鈴菜はやっぱり和服が似合う!花魁は1枚目のCGが艶やかでヨイです。鈴菜が珍しくちょっとアダルティーな表情だし(笑) 花魁はイベントとしても後半ひそかにラブいので割と好きです。 くノ一はCG1枚のみでちゃんと全身の衣装が見えてるわけじゃないんですが、絶対可愛い。シーン鑑賞の最後にあるあの衣装は、真っ白が良かったなぁ…とちょっと残念。

 

BACK