モルダヴァイト
CLOVER

◇DATA◇
発売日:2002年12月20日
CD-ROM 2枚 ボイス一部
ジャンル:AVG+SLG
原画:
ドレン・チェリー CARNELIAN
萌木原ふみたけ たすく 雨音響 ゆきうさぎ
SDキャラ(カードイラスト):水月悠
シナリオ:
中本穂積 うりょ セロリ

主人公・ヴァインは、世界を救った伝説の召喚師の血筋を受け継ぐ少年だえ。
しかし、ヴァインが産まれ育った村は魔法を忌み嫌う村。
変わり者、臆病者と呼ばれながらも、ヴァインは密かに召喚の特訓を続けていた。

そんなある日、ヴァインの村に美しい銀髪をたたえた吟遊詩人がやってくる。
ヴァインは、幼馴染のステラと共に興味本位で歌を聴きに出かけた。
吟遊詩人が奏でた歌は、伝説の召喚師を称える英雄譚。
そして、歌い終えた吟遊詩人は、ヴァインの元に歩み寄り、囁きかけた。
「少年よ、伝説の召喚師を目指すのならば、彼の地に散らばる伝説のカードを全て集めなさい。」

伝説のカード。
その1枚をヴァインは持っていた。
ヴァインの一族に代々受け継がれてきたそのカードには、光の女神アテナが描かれている。
召喚師は、そこに描かれたものの影を具現化することで召喚を行うのである。

ヴァインは、旅立つことを決めた。
伝説のカードを集めて、本物の神に会うために。
そして、ステラを守る力を身につけるために…。

 

総評:7.5

2002年12月20日にORBITから3本同時発売されたうちの1つ。
当時のORBITの原画スタッフが集結した、とても豪華な作品(今見ても、やはり豪華メンバー)。
メインはヘックス式のSLGで、かなりやり応えがあります。
普通にゲーム(読み物ではなく)を楽しみたいという方にお奨め!


■シナリオ ・・・6点
主人公のヴァインが、カードを集めながら各地の召喚師と出会い、物語を紡ぎます。
少しずつ謎が解けていき、新たな不安が生まれて…という展開は楽しめました。
ゲームを始める前は、ただカードを集めるだけのストーリーかなと思っていたのですが、いい方向に裏切ってくれた感じ。
当初の予想より、ずっとちゃんとしたシナリオでした(失礼)。
ただどうしても、メインがシミュレーションなのでプレイ時間の割には内容が…と思うのも正直なところ。
大事なところはやたらと理屈っぽくて読む気が失せたりもしたなぁ;
けれど、全く不満は感じてません。
その分、システム点を上げておくので許してください(^^;

これは好みによるとは思うのですが、ヴァインは全ヒロインからの愛を一心に受けます。
で、条件さえ満たせば1ルートの中で複数のヒロインとのイベントが発生します。
それがなんか…すごい軽い感じがしてイマイチ。と思ってしまいました。
でもこの長さで、1プレイ1ヒロインしか攻略できなかったらそれも怒りの対象になると思うので
まぁいいのかなぁ。。。ただ、愛のあるエチィは少なめという感じです;
「そんな、成り行きでいいのかよ!?」てのがいくつかw
で、各ヒロインは比較的自分の思いを堂々と主張する傾向にありまして(敵対心が強い)、
もう、本当にヴァイン君モテモテなわけです。
「そんなわけないだろっ!」と突っ込みたくなるほどに(苦笑)

そんな感じなので、エチはそんなに濃厚ではありません。
ヴァインもそれほどエロい子ではない(というか、まだ不慣れ)なので、お姉さま相手だとちょっと受身傾向。
各シーンに4,5枚のCGが用意されていますが、一人1回のみですので悪しからず。

■絵 ・・・8点
原画は、今は別々の会社でメイン原画を担当されている方々がほとんどという実力派の集結。
担当が6人もいて、これだけ平均が高く揃っているのはなかなかないんじゃないかなと思います。
なので、絵はかなり綺麗。元々ORBITの塗りは明るくて綺麗なのですが、全体的に綺麗で映える絵です。
ただ、皆さんお上手なのは確かなのですが、複数原画さんが絡むイベントCGになると、ちょっと不安定さのあるものもありました。
構図とか、線の違いとか。これは、贅沢な要求なんでしょうけど。

背景はSLGのフィールドマップが背景になっていることがほとんどなので、ちょっと物足りない。
フィールドマップにフレーム重ねただけってのはどうかなと思いました(そのフレームがまた、デザインイマイチな感じなんですよね;)

イベントCGは差分抜いて112枚、HCG率39%。シーン数は11。(いずれも、チュートリアル含む)
エチシーンの内容についてはシナリオ評価で述べた通り。
ラブラブイベントは少ないですが、痛い系もありません。やり逃げ系?(ぇー

そして、この作品で不可欠な存在がクリーチャーカード。
メインキャラや伝説の神々の他、多くのクリーチャーが可愛らしい3〜4等身で描かれてまして
カードの総数は、アイテムカードを含めて105枚に及びます。見甲斐アリ!

■システム ・・・8点
セリフを楽しむ普通のアドベンチャーパートと、ヘックス式シミュレーションゲームパートで構成されています。

ADV部分については、ちょっと不満ありです。
オートモードがない、バックログの音声再生はない
メッセージウィンドウ上にはメニュー呼び出しのアイコン(とても小さくて探しづらい;マニュアル見ないとわからなかった;;)のみなのでインタフェースはすっきりしてます。まぁこれはいいか。
セーブはプレイ日付と時間、セーブしたのがStage何番目かの表示のみでとっても使いづらいです。
そして総数18。クイックセーブ・オートセーブはなし。
やや古い作品とは言え、もうちょっと数が欲しかったなぁ;
SLGだから普通のADVより多めに欲しいと思う(のは私だけ?)。

と、ここまで難点を挙げてきましたが、SLGパートはとてもよく出来ていたと思います
普通のコンシューマのSLG経験がある方でも「なんだこのクソ!」と思うことはないのでは。←言葉が汚いですわ、伊吹さんw
召喚師一人につきクリーチャー(召喚獣)カード3枚とアイテムカード3枚までをセッティングして戦闘。
各キャラ&クリーチャーには属性があり、お互いに得意不得意があります。
また属性に関連して、地形効果なんかも考える必要があります(私はこれは、あまり意識せずしてたけど)。
イメージとしては、コンシューマのサ○ンナイトです。
クリーチャーによって多種多彩な攻撃があり、戦略を考えるのもなかなか楽しかった。
ただ、エチイベントを発生させる好感度を上げるのもSLGパートなので、戦闘ばかりに集中すると楽しめませんよ(笑)

SLGパートで残念な点は、戦闘ごとに毎回カードのセットをしないといけないこと。
各召喚師に持たせるカードはほぼ決まっているので、一回持たせたらそれをキープして、2回目以降の戦闘ではセットが省略できればとっても快適だったと思います。戦闘参加者6人にそれぞれクリーチャーカード3枚、アイテム3枚を毎回(Stage25まで)セットするのはかなりめんどかったです。

あと、レベル上げというものが出来ない作りになっている(本番の戦闘しかない)ので、本当にクリアできるんだろうかという
不安に駆られるステージがありました。難易度設定機能もないので、ゲーム性が高いことで逆に、引いてしまったユーザさんもいるかも
立場の難しい問題ではありますが、もともと顧客対象はエロゲユーザであっただろうと思うので、
そういう機能があるともっと多くの方に楽しめてもらえたかもしれません。
初回特典の1/8サイズフィギュアも、出来は良かったけど「箱がでかすぎて、持って帰る自信がなくて買えなかった」ていう意見も
ありましたし。。。(これについては、後日発売された廉価版で要望を埋めたのでしょうが)
もっと多くの人に楽しんでもらえる可能性のあったゲームだと思うので、もったいないです!

■攻略
SLG部分がある場合のみの特別メニュー(笑)
今回は、各召喚師ごとのポイントなどをつらつら書いておきます。

キャラ別メモの前に、基本事項。
クリーチャーが獲得した経験値は、呼び出した召喚師のものになります(コマンド「帰還」実行時 もしくは戦闘終了時)。
経験値は、自分よりレベルが高い相手を倒すほど多く、相手のレベルが低いほど少なくなります

なので、なかなか育たないキャラ(カレンなど)にとどめをささせると効率が良いです。
ぐんぐんレベルが上がるイブリンやシンシアに任せっぱなしだと、パーティー内のバランスが悪くなるのであまりお奨めしません。

・ヴァイン
 専用クリーチャーはアテナ(属性:光)。
 序盤から使える強力カードなので、最後まで大活躍してくれるでしょう。
 「アテナ様々!」とあがめたくなる場面もしばしば(笑)
 ただし射程の長い攻撃が使えるようになるのが後半なため、反撃を恐れているといい所を他の神様達に持っていかれがち
 おかげで、私のヴァイン&アテナは終盤ではイブリンやシンシアにレベル追い抜かれてました。。。

・ステラ
 召喚師ではないので、クリーチャーカードは持てません。
 その上、近接直接攻撃ばかり(だけど、それほど防御力も高くない)なので結構使いづらい
 召喚師キャラが増えてくると、必然的に使わなくなるユニット(苦笑)
 でもメインヒロインなので、好感度を頑張って集めましょう。

・アネット
 専用クリーチャーはグナー(風)。
 グナーも近接攻撃ばかりで使いづらいユニットでして、それにアネットの打たれ弱さが加わって使いづらさは抜群です(涙)
 召喚師の中では、一番最初にパーティーを離れる候補かなと。。。
 エルフだしC先生原画だし北都さん声だし、かわいい要素満載なんですけどね!

・コンラッド
 アネットの兄ですが、非召喚師。
 ステラと同じ理由で、使いづらいユニットです。
 恐らく、一番最初に使わなくなるユニット。ごめんよにーちゃん。

・イブリン
 専用クリーチャーはベリサマ(火)。
 射程が長く、攻撃範囲が広いとても使いやすいユニットです。攻撃力も高い
 一度に多くの敵を仕留められるので、経験値稼ぎにもってこいです。
 その上、その他の火属性のクリーチャーも、全体的に射程が長いのでとても使いやすいです。
 なので、イブリンのレベルは上がりやすい(普通のクリーチャーは誰に持たせてもいいのですが)。
 最後まで外せないユニットとなっております。

・シンシア
 専用クリーチャーはガイア(地)。
 ベリサマに並ぶ、攻撃要員として欠かせないユニット
 シンシア自体も遠距離攻撃が可能なので、使いやすく、そしてレベルが上がりやすいです。

・ドロテア
 専用クリーチャーはアナヒタ(水)。
 彼女も射程が長く、攻撃範囲が広いので便利です。
 が、惜しいことにドロテアが仲間になるのは後半。ヒロインの中では最後になります。
 それまでは敵として何回か戦うことになるので、アナヒタの恐怖に打ち勝ってください(笑)。
 なお、ドロテア攻略の条件はかなりキツイので、自力攻略を目指す方は本当に頑張ってください。。。

・ニナ
 ドロテアの侍女で、非召喚師。やはり使いづらいです。
 が、ステラやコンラッドと違って遠距離攻撃が出来るので、そこは助かります。
 ニナの攻略条件もドロテアと並びキツいです(ドロテアよりはましかな)。頑張りましょう。
 
・カレン
 専用クリーチャーはパナケイア(生)。
 回復魔法を使える貴重なユニットなので、重宝します
 ただし、モルダヴァイトでは敵を攻撃しないと経験値がもらえないため、回復に徹するカレン&生属性のユニットは
 なかなかレベルが上がりません。終盤は、イブリンやシンシアとレベルが10離れましたから(^^;
 敵のレベルは常にカレンより高い状態になりますので、効率よく経験値を稼がせてあげてください。

・ユン
 専用クリーチャーはリビティーナ(死)。
 死属性というとすごく強い気がするのですが、実際はそんなことはなく。。。
 リビティーナは、伝説のカードの中では一番使いづらかった。遠距離攻撃ができないからです。
 ユン本体の方が使いやすいので無理せずに行きましょう。
 ただ、リビティーナの攻撃力は高い方です。使い方が重要なのかな。

■音楽 ・・・7点
弦楽器を中心としたオーケストラ曲が多く、全体的に品の良さを感じます。
総曲数は25。うち、ボーカル曲はOPテーマ『この手の中の未来』のみ。オーソドックスなアニメテーマソングといった感じの曲調です。
戦闘に集中していて、あまり記憶に残ってない気もしたのですが、Optionコーナーで改めて聴いてみると、
普通にサントラ聴いても良い感じの好印象だったので7点評価と致しました。

音楽の評価には当てはまらない気もしますが、ゲームを起動するとメーカーロゴ表示後にジャララランッ♪とテーマソングのイントロが高らかに鳴るのはちょっと頂けなかったです。軽くびびるし、ちょっとうるさいので、慌ててクリックしてタイトル画面に移動してました(^^;

■総評 ・・・7.5点
エロゲ界のSLGとしてはハイレベル(SLG自体が少ないですが)。
ゲームが普通に楽しめるだけでなく、CGも綺麗で満足の一品でした。
プレイ前は「Stage25もあるの!?」と思いましたが、実際にプレイしてみると、もっとあってもいいなぁと思ったくらいです。
(終わるのが残念というか)
部分的に操作性が悪かったりはしますが、イライラするほどでもないので、まぁいいかなと。
ORBITてこんなゲームも作れるんだ!と驚く出来だったので、FC限定でいいので、またSLG作って欲しいなぁ。
(プログラマーさんがもう代わってるかな。。。/苦笑)

■お気に入りキャラ : 
このゲームは、この質問がとても難しい
シナリオがあまりないので、○○かわいぃーv とかそんなに思い入れができず。。。
ステラなのかな?でも、公式カップリングっぽいから気に入ってるだけのような。
どうせならもっとツンデレしてくれたら良かったかもw
見かけは迷わずアネット
アネットはシナリオの大切なところに絡むし、いいキャラなのですが、戦闘で使いづらかったマイナスイメージが引っ張ってます;
見かけ2番はドロテアですが、レズっ気があるとこがちょっと(^^;
あと、性格が女王様タイプなのはそんなに好きじゃないので、お気に入りキャラとは言いづらい。
ユニットとしてならダントツでイブリンが好きです(爆) でもキャラとしてはそれほど。
トータルで一番好きなのはシンシアかなぁ。思いやりのある明るいお姉さんキャラで、戦闘も強い。
エチイベントがいまいちだったから惜しいです(笑)

そんなわけで、甲乙付けがたいのですよ!
是非あなたのお気に入りを見つけてくださいw

2006.10.12

戻る