Flyable CandyHeart
ユニゾンシフト:ブロッサム

◇DATA◇
発売:2011年2月25日
DVD-ROM 1枚

主人公以外フルボイス
ジャンル:まだまだダブル生徒会に巻き込まれちゃう!
学園ラブらぶハザードADV

原画:いとうのいぢ 笹倉綾人 ぺろ
シナリオ:風間ぼなんざ あごバリア 望月JET
神野マサキ 明日原瓦斬 他

―覚えていてくれますか? ここへ来て私が知ったこと。

総評:6

Flyable Heart』(以下FH)のファンディスク。
FHの派生作品は、本作の前に、ヒロインを茉百合に限定したスピンオフ作品『君の名残は静かに揺れて』→以下「きみなご」があります。
本作は、前ヒロインとのラブラブシナリオに加えて、前作では攻略対象外だったヒロインも追加。更にはブロッサム制作の過去作品のキャラクターが入り乱れるお祭りシナリオも収録されています。

本編やきみなごは割とシリアスだったんですが、今回はラブコメ要素が強かったです。
悪くはないけど、ちょっと物足りない感じがしてしまいました。

■シナリオ ・・・6点
シリアス要素を上手に組み込むのがFHシリーズのいいところだと思うのですが
今回は、その要素の割合が低く、結果として私の評価は下がりました。
全ヒロインとラブラブできるので、それが目的の方には良いと思います。

構成は、FHで結ばれたヒロインとのアフターストーリー&アナザーストーリー。
選択肢によるルート分岐ではなく、導入部分のみが共通で、「ストーリーセレクト」というメニュー画面から
読みたいヒロインを選択→そのヒロインのルートが始まる形式。
なので、攻略要素はほぼありません。

ヒロインと結ばれている状態でシナリオが始まるので、前作プレイ後を推奨。
ただし、前作をダイジェストで振り返るルート「八重野ブラザーズのおさらいFlyableHeart」あり。
今作を問題なくプレイできるよう、前作の核心までしっかり触れるネタバレ満載ルートなので、
ご自身で前作をプレイしたい!or プレイ中で未クリア という方は読まない方が良いです。

最初から読めるのは天音、桜子、くるりの3名で、読み終えるごとにその他のヒロインのシナリオが解放されていきます。
天音クリア後(もしくは、“最初の1名”かも。私は天音を最初に読んだので)にお祭りシナリオ「らぶらぶフライアブルハザード」のルート解放。
最後から2番目に結衣、最後にすずのルート解放。
ハザードルートは、FHシリーズに加えて、同ブランドの過去作品『Peace@Pieces(以下ぴすぴす)』『ななついろ★ドロップス』『ALICEぱれーど』のキャラクターが登場するドタバタシナリオ。はっきり言って、大した内容はありません(ぉ
たくさんの作品のキャラクターが登場することに意味がある(たぶん)
物語のきっかけはぴすぴすキャラが作りますが、ななついろが優遇されてる気がしました。
ユキちゃんが晶と一緒に行動するせいか、FHキャラよりもななついろキャラのイメージが強いんだよな。。。
そして、エムドリのせいでALIぱれのイメージが悪い(酷

さて、ヒロイン別ルートについてですが、前に書いた通り、シリアス要素の薄いラブコメシナリオです。
天音ルートは、本編で語られなかった「実は…」な話があって良いと思いましたが
その他は、気軽に楽しめるラブコメという感じでした。
期待していた追加ヒロイン・恵とあきらですが、あきらはちょっと期待はずれだった!(あくまでも管理人の評価)
恵はいかにも初恋という感じで可愛かったです。

前作で特殊な位置づけにある結衣とすずのルートは、その他のヒロインよりはシナリオが長く、シリアス寄りです。
(私のプレイ時間:結衣120分、すずの100分、その他 平均60分、という感じ)
が、前作がとてもシリアスだったので、改めて「おぉー!」と思うことはなかったかな。
前作が少し切ない感じなので、幸せ感を増やそうとしたアナザーなんだと思いますが…前作が好きでした。
今作の、みんなが幸せなエンディングもいいのかもしれないけど、ちょっと切ないシナリオの方が心に残ってしまうのよね。

エチイベントは各ヒロイン1〜2回。
それほど特殊なシチュはないですが、まぁラブラブです。
ハザード内には全4シーン。3Pなど、他よりはエチ度高。

■絵 ・・・7点
のいぢ氏がどの程度描かれているのかわかりませんが、可愛らしい絵は相変わらずです。
立ちグラでいろいろな作品のキャラが並ぶと、絵柄の変遷もよくわかりますね〜。
ななついろの頃の絵が一番好きかも。

イベントCGは差分抜いて69枚+SD28枚。HCG率55%(胸のみの露出を除く)。イベント数は14。
HCG率が高い印象だったんですが、実はそれほどでもない?
FHシリーズとしては高いですけど。
のいぢ氏の絵はHCG以外の方が好みなので、HCG率が高めなのは、私はちょっと残念だったり。
作品の価格帯は「フルプライスではないけどFDにしては少し高い」かなと思うので
この収録枚数が多いのか少ないのかは微妙。。。SDCG合算した数で考えたら十分ですが。

絵といえば、予約特典で、全ての立ちグラが耳付きになる「ネコミミアップデートパッチ」
OHPでDL可能な、立ちグラが全てぺろ氏のへな絵になる「ぺろ巨匠アップデートパッチ」あり。
いずれにせよ、通常状態で一度クリアしてから適用した方がいいと思いますw
適用後に元に戻せるのかどうか定かではないので、私は怖くて当ててませんw

■システム ・・・6点
ルート分岐の選択肢はないに等しいですが、ハザードルートのみ行動の選択があるADV。
操作面には前作からの大きな変更点はなし。使いやすさに支障はありません。

【良いと思ったシステム】
・ステレオ音声の活用→発言者の位置が推測できるくらい、左右で音量差あり。良かったです。
・AUTOプレイ中、クリックしてもAUTOが解除されない
 →これまでの作品もそうだったのかもですが、レビューに書いてなかったので書いておく。
   ちゃんと聞きたいセリフと文字さえ読めればいいセリフがある私なので、便利でした。

【悪いと思ったシステム】
・イベントCGの縮小表示方法
 →最近は1枚のCGをズームイン/アウトする演出がブランドを問わず多く、
   原寸が大きいCGを収録してウィンドウ幅時には縮小表示するのと
   ウィンドウサイズのCGを収録してズームインする形式(拡大時にボケる)とがありますが、今作は前者。
   ただし、縮小表示時のシャギーが気になった!
   パッチが配信されて、改善されたような気もしているのですが、縮小方法の改善という内容は、パッチの機能としては
   明記されてないので定かではありません。

特段変わったシステムがなく、攻略要素が薄いので、評価点数は6点とさせていただきます。

オート、スキップ、クイックセーブ/ロードなどの基本機能は完備。
セーブはノーマル80個、クイック1個。
表示はプレイ日付とサムネイル、セーブ時のメッセージ20文字。
ゲーム内日付や章の表示がないため、どこまで進んだのかわかりづらい仕様もこれまでの作品と同様
どのセーブが一番最近のセーブかが一目でわかる「NEW」アイコンがあるので、ロード時に迷うことはありませんでした。
また、セーブファイルは複製、削除、移動が可能になっております。削除は時々見かけるけど、複製、移動はちょっと珍しい?

■音楽 ・・・5点
音楽監修は、ブロッサム作品をずっと担当されている水月陵氏。
素敵な曲が多いのですが、新曲がとても少なかったので評価は控えめにさせていただきました。
FDなど、続編制作時の難点ではあるのですが。(きみなごのレビューにも書いたけど)
新曲数は3(うち、ボーカル1)。過去作品からの流用が49曲。
新曲は少ないですが、5作品分のBGMを使用しているので、曲数はめっちゃ多いです(笑)
なので、「曲数すくなっ!」というイメージはないのですよ。でも、もう少し新曲が欲しかった!!

同ブランドの特徴である「1曲ごとのライナーノーツ」は、過去作品の曲については
過去作品のライナーノーツをそのまま掲載。

ボーカル曲はOP曲『Flyable Candy Heart』(歌:KIYO)と、エンディング『もう始まっている、未来』(歌:KIYO)。
OP曲は、なんとなくボカロを思い出す音質&曲調でした。
ED曲は新曲ではなく、最終ルートであるすずのルートクリア時にのみ聴けます。優しいバラード。

■総評 ・・・6点
物足りない感があったというのが一番。
大して内容がないハザードルートを最後にプレイしたのがいけなかったのかもしれませんが
あんまり内容も心に残ってないんだよな…(ぉ
力を入れられているのが結衣・すずのルートなのに、私の中で、結衣とすずののお気に入り度がそれほど高くないのが
一因な気もします。

■お気に入りキャラ:恵?
             クエスチョンマーク付きでサーセン
             なんだかなー シナリオがあまり心に残ってない=キャラの印象もそれほど残っておらず(汗
             初恋でぽわっとしてる恵が可愛かった印象があるので、恵にしておきます。

             お気に入りに入れるほどではないけど、予想外の新キャラ登場が嬉しかった
             新キャラだよ…ね? 見覚えないんですけど!

■お気に入りシナリオ:天音ルート
             私にとっては、唯一、前作の良さを思い出せた天音ルート。
             ご都合ラブラブシナリオ+ちょっとのシリアス要素が良かったです。

2011.4.24

BACK