Flyable Heart
ユニゾンシフト:ブロッサム

◇DATA◇
発売:2009年3月19日
DVD-ROM 1枚

主人公以外フルボイス
ジャンル:ダブル生徒会に巻き込まれちゃう!
学園ラブコメADV

原画:いとうのいぢ 笹倉綾人 ぺろ
シナリオ:市川環 風間ぼなんざ あごバリア

―謎の転校生。
ミステリアスで魅力的で、どきどきするその響き。
だがしかし、謎の転校生になってしまったのは、ちょっとお腹が空いていただけの一男子だった!


ある日、主人公・葛木晶が父親から渡された一通の封筒。
そこには、超名門校・私立鳳繚蘭学園への入学許可証が入っていた。
晶は全く身に覚えがなかったが、「学食タダ食べ放題」という入学特典だけに釣られて、学園への入学を決めた。

鳳繚蘭学園は、学園生が運営する二つの執行委員会、繚蘭会と生徒会によって管理されている。
突然現れた謎の転校生を怪しみつつも、繚蘭会と生徒会のメンバーは晶を受け入れてくれた。
鳳繚蘭は全寮制のため、晶も入寮する必要があったが、急すぎる入学だったために部屋の空きがなく、
繚蘭会メンバー専用の女子寮に住まうことに…。

晶と同じように、なぜか入学許可証をもらえて、晶より一足先に入学していた結衣や
学園のアイドル・桜子、茉百合らに囲まれて始まった、晶の賑やかで華やかな繚蘭生活。

そんな中で晶は、大切なものを見つけ、意外な真実にも出会うことになる―。

総評:7.5

いとうのいぢ氏の絵が好きで、買うか迷っていたんですが、ブロッサムの前作『ALICE♥ぱれーど』(原画は別名義ですけど)がイマイチだったので警戒してためらい…結局、発売日後に巷の評価を見てから買いました。なんとか初回プレミアム版をっ!(めっちゃ探したのですよ;;)
感想→買って正解でした!面白かったっ。
一見ドタバタラブコメっぽいのに、実はとてもシリアスで、重さすら感じるシナリオになっております。

■シナリオ ・・・8点
意外と、シリアス
その評価に尽きます。

OHPなどで確認できるストーリーから受ける印象は、
「可愛い子に囲まれて楽しい学園生活を送るラブコメなんだろなー」というもの。
作品ジャンルも「学園ラブコメ」だと言ってますしね。

だがしかし。
ほとんどのヒロインが隠された真実を持っており、その真実が明かされると共に、重い設定が顔を出します。
隠された真実を持たないヒロインのルートでも、衝撃的な展開が起こります。
さらに、主人公・晶までもが持っている謎。
晶にまつわる謎は、個別ルートで少しずつ明かされていき、オールクリアすることで全てが明らかになります。

共通部分と、個別ルート前半は、第一印象通りの明るいラブコメ。
ややハチャメチャ傾向もある楽しい雰囲気で、物語が進みます。
個別ルート後半は、シナリオが重くなることに加えて、ファンタジーな展開もあったりして、
この作品がただのラブコメではなかったと気付かされました。

評価が高いのを確認してから買ったとは言え、期待以上だったかも。
主に絵が気になっていた作品のシナリオがいいと、すごく当たりな気持ちになりますな!


エチイベントはヒロインごとに1〜3回。意外なキャラが多かったり少なかったり。
この辺は、ある特定のキャラが好きな方からは、意見が出るかもしれません。
シナリオの雰囲気上、エロ度は低い作品だと思うので、複数回あることが珍しいのかもしれませんが。
内容は全て和姦で、それほど無茶なシチュもありません。

なお、ヒロインの中ではすずのルートが最後に解放され、更にすずのルートクリア後に、追加エンディングが見れます。
実は、すずのがメインヒロインなんだろか??

あと、シナリオ理解への影響は全くないですが、ユニゾンシフトの過去作品(ぴすぴす、ななついろ)をプレイしていると楽しめるものが少し入ってます。私はいずれも未プレイであります;

■絵 ・・・8点
のいぢ氏の絵が好きなので、可愛い絵を堪能できて満足。
ふわふわで可愛い絵柄です。
女性原画の特徴とも言える、可愛い私服・かっこいい男性キャラ(笑)もばっちり!

イベントCGは差分抜いて139枚(うち、SDが35枚。立ちグラは除いています)。HCG率25%(SDを除く)。イベント数は11。
ALIぱれは、原画全体に占めるSD絵の割合が高すぎて不満でしたが、今回は通常CGのみで100枚overだったので、まぁOK。
あ、別にSD絵が駄目というわけではないのでご注意を;; SD絵もすごくかわいくて好きなんですよぉ!
背景CGは、自然物の描写がちょっと惜しい感じでした。硬い。
あと、背景に描かれるモブの頭身が高すぎて気持ち悪かったです(ぉ
私、不自然に長い脚は苦手なんだな…。

ALIぱれに搭載されていた立ち絵鑑賞モードは、今回はなかったです。(※特殊な立ちグラのみCG鑑賞モードに登録される)
可愛い私服がじっくり拝めないのは残念かも。

■システム ・・・7点
セリフ選択で進める、まぁ、普通のADVです。
他のメーカーの作品ではあまり見かけず、いいなと思った機能は以下の通り。
 1) コンティニュー機能(ALIぱれでの名称は「ゲーム再開」)
 2) プロフィールデータ(シナリオが進む度に、キャラごとに設定が書き込まれていく)
 3) マウスのサブクリック設定(右クリックにどの機能を割り当てるか、お好みで設定できる)
2)のプロフィールデータは、キャラそれぞれが難しい設定をいくつも持つこの作品にとっては、
とても便利な機能だと思いました。
何気に、本編では語られなかったことの補完もしてるんですよね。
なので、存在を忘れがちな機能かもしれないけど、プレイしたら絶対読むべき!

オート、スキップ、クイックセーブ/ロードなどの基本機能は完備。
メッセージログの履歴の保存数が少ないのは残念。
私は、プレイ間隔が開きがちで、どんな話だったっけ?と思い出したい人だったので、
ロードしたとこからしか読めないのは、不便でした。
せめて、今回ロード分のログがもう少し残ってほしかったな…。

基本的な機能はファンクションキー呼び出しに対応しております。

セーブはノーマル80個、クイック1個。
表示はプレイ日付とサムネイル、セーブ時のメッセージ20文字。
ゲーム内日付や章の表示がない(※)ため、ALIぱれ同様、どこまで進んだ時のセーブかが判りづらく、ロード時に迷いそうです
(その代わり「コンティニュー」があるので、最新セーブを探す必要はありません。)
エチシーンの最中にセーブするとサムネイル全面にモザイクがかかる仕様も健在。
※本作は章立てではないので、第何章かは、そもそも表示できない。

■音楽 ・・・7点
音楽監修は、ゲーム音楽を多く制作されている、水月陵氏。
総曲数は33(うち、ボーカル2、同ブランド制作の『ななついろ★ドロップス』より1曲)。
ボーカル曲はテーマソング『Flyable Heart』(歌:KIYO)で、DTMテイストな、楽しい雰囲気の曲。
曲としては、全クリ後に追加されるもうひとつのバラードなボーカル曲『もう始まっている、未来。』の方が好きかな〜。
BGMはピアノ曲が多い印象がありますが、明るい曲から暗いものまで、幅広く揃えられていて○。

BGM鑑賞モードは、全クリ後に、各曲に対する水月氏のコメント(ライナーノーツ)が読めます。
ALIぱれにもあった仕様ですが、聴くだけではわからない、曲に込めた思いや裏話がわかって良い♪
すごくいろいろな思いを込めて作られたんだな…というのがわかって、曲の存在感がアップする気がします。

■総評 ・・・7.5点
最初の総評にも書きましたが、買って良かった!
ALIぱれで下がっていたブロッサムの評価が、持ち直しましたよっ(←何故に上から目線)
重い設定がたくさんとはいえ鬱展開ではないので、多くの人にお薦めできる作品だと思います!
スピンオフの次回作(『君の名残は静かに揺れて』)にも期待♪


■お気に入りキャラ:あきら
             攻略対象じゃないんですけど(笑)
             攻略対象のヒロインも悪くはないんですが、あきら、めっちゃいい奴なんですよ!そして可愛い。
             「いい娘」じゃなくて「いい奴」だと書いちゃう理由は、プレイすればわかる。うん。
             私は僕っ娘は苦手なんですが、あきらは俺っ娘だし、OK!
             次回(FD?)は攻略対象になるっぽいので、密かに期待w

             あと、サブキャラである男性キャラ(奏龍&蛍)もとても良いキャラ。
             男性のサブがいい作品はシナリオがいいという自論が合致しました!

■お気に入りシナリオ:天音ルート
              最も展開が衝撃的だったと思うんですが、それが良かった。
              あと、主人公をめぐる結衣との三角関係の描写が面白かった。(結衣ルートにも共通)
              考えてみると、エロゲって、いくらモテる主人公でも、女性側が三角関係で、
              さらにその女性側の気持ちを描写する作品って少ないと思うんですよね。
              私が女だからこそ、この描写が面白かったのかも。

2010.5.29

BACK