ワルキューレ ロマンツェ [少女騎士物語]
Ricotta

◇DATA◇
発売:2011年10月28日
DVD-ROM1枚  主人公以外フルボイス
ジャンル:少女騎士恋愛ADV

原画・キャラクターデザイン:こもりけい
SD原画:ひづき夜宵

シナリオ:
北川晴・おるごぅる
たにかわたかみ・Hatsu・なたけ・おくとぱす・assault

―恋する少女騎士(おとめ)は奇跡をおこす――

主人公の水野貴弘は、ジョストの名門校・ウィンフォード学園のベグライター科の学生だ。
ジョストとは、馬上で槍を持ち1対1で試合を行う競技で、選手を“騎士”、そのサポートをする役を“ベグライター”という。

実は貴弘は、かつて騎士だった。
将来を期待された優秀な選手だったが、大会で怪我をして引退をした過去を持つ。
そんな貴弘はベグライターとしての今の自分に不満があるわけではないが、どこか退屈な生活を送っていた。

ウィンフォード学園では年に一度、ジョスト大会が催される。
学園の一大イベントであり、学生達は、この試合で良い結果を残すために日々練習を積んでいると言ってもよい。
そして当然ながら、ベグライターは騎士のパートナーを見つけなければ大会に出場できない。
貴弘はまだパートナーを決めていなかったが、貴弘の過去を知る学生や、貴弘の素質を見抜いた学生からは
お誘いの声もかかっている。
自分が支えるべき騎士は、一体誰なのか。
共に勝利を目指したい相手は誰なのか・・・。

やがて貴弘は大切なパートナーを見つけるが、そこはまだスタート地点。
目指すべくは、大会での優勝!
貴弘と少女騎士の、熱い戦いの日々が始まる。

総評:8

こもり氏の繊細で美麗な絵柄に惹かれて興味を持った本作品。
でも、単純な「絵買い」ではありませんでした。
なんだか、スポ根っぽい熱いシナリオが期待できそうなところに惹かれまして。
何を隠そう、管理人、人生で初めてハマったアニメ※がスポ根だったからね!w
熱いシナリオ、好きなんです。
実際、期待を裏切らないスポ根っぷりで良かったです。

こもり氏、おるごぅる氏の特徴としてエロ度の高さがあるようですが、そちらも期待していただいてよいのではと。(私は、そこはそんなに求めてなかったんですけど/汗)

※『バトルアスリーテス大運動会』でした。どハマったよ。

■シナリオ ・・・8点
ベースにあるのは、ギャルゲにはよくある学園モノ。
でもワタクシ、ただの学園モノでは、この点数は付けません。
理由は総評にも書いた通り、スポ根要素が良かったからです。

でもでも、ただ熱いだけでもウザイと思うんですよね(苦笑。
本作品は、学園生活と恋愛とスポ根と、ちょっといい話がバランスよく入っていた印象があるので
8点評価(私のレビューではかなりいい方)を付けさせていただきました!

あらすじに書いた通り、目指すゴールは、ヒロイン共通で「大会での優勝」なのですが
実際には、ヒロインごとに本当のゴールが別のところに設定されており「どれも同じ展開だな〜」と
思うこともそれほどなかったです。(大筋が一緒だということは否めないですけど)

それから、一般科の学生でジョスト初心者である美桜が、強豪揃いの大会で勝利を重ねるなんて
ちょっと無理だろ!?と、普通思っちゃいますよね。
でも読み進めると、別にご都合主義とは思わないんですよ。
それは、ベグライターである貴弘との作戦会議や試合展開を、丁寧に描いてくれた結果だと思います。
対して、「ヒロインの方が明らかに強いから、勝って当然でしょ」と思う試合は、試合の描写がかなりあっさりしてたりと
スポ根のバランスがよく考えられているなぁと思いました。

ということで、シナリオのスポ根面には概ね満足。
その他の要素ですが・・・
学園生活:ヒロインとのやり取りだけでなく、友人をちゃんと描いてくれてるので、楽しい学園の雰囲気がよく伝わってきた
       試合中にみんなが応援してくれることにじーんとしたのは、普段の生活の描写で、脇役の皆さんにも
       ある程度の思い入れを持ったからだろうなと。
恋愛:お互いに才能を持っている者同士なので、惹かれて当然なんだろな、ということで
    特に無理を感じる展開はなし。急展開もなかったし。
    ヒロインは、付き合うようになってから素の表情が見れて、この娘かわいいわ!と思うこと多々w
ちょっといい話:各ヒロインの「本当のゴール」関連ですな。

ということで、つまり、良かったです。

ただ残念だったのは、何箇所かで見られたシナリオ破綻。
DATAの通り、実はシナリオ担当者がとっても多いこの作品。
どなたがどの部分を書かれたかは存じ上げませんが、分担して書いたせいで発生したと思われるシナリオ破綻が
いくつかあったのでした。
ちょっと前のシーンで実際に見たことなのに、「それは知らなかった!」と言ったりとか。


ところでエロ度ですが、はい、高いです。各ヒロイン7シーンだからね。
回数が多いだけじゃなくて、絵がエロい。
絵については後ほど書くとして・・・
描写のみで考えると、それほどではないかもしれないと、今思いました。
そんなに奇抜なシチュエーションはなく、和姦のみ。
それどころか、全てのヒロインで同じシチュエーションが用意されてた。。。これはちょっとツマンナイ感じ。

ただ、これは珍しい!すごい!と思ったのはキスのみのイベントシーン
めっちゃエロいキスシーンなんです。
あとお漏らしの頻度が高かったので、担当された方(おるごぅる氏?)はキスとお漏らしがお好きなのかなぁと思ったり。

■絵 ・・・10点
出ました満点!
この作品を知ることになったきっかけである、こもり氏の美麗な絵。
全編でブレることなく、本当に綺麗でした。
立ちグラや表情も豊富でした。立ちグラは、左右反転で賄えそうなのに、
わざわざ左向き・右向きの両方を用意されてたりするとこに感心しました。ぬかりない。
背景も綺麗だった〜。

なんか、馬の体格やたてがみが変じゃない?とか
ヘルムの目のトコを下ろさないのは変じゃない?とか
鎧をまとうとは言え、制服でジョストするのは変じゃない?とかは思いましたけどw

キャラデザ・鎧のデザイン・塗り方へのこだわりは、初回版予約特典のビジュアルパンフレットに載っていた
こもり氏のコメントを読んで、こちらも感心したので、細かいことは気にしないことにしましたw

で、問題のHCGなんですけど・・・
あまり商業作品では見かけないと思われる、いわゆるアヘ顔・ひょっとこが多用されてましてね。
私は苦手でした。お好きな方は嬉しいんだろうけどな〜
私はやっぱり、イベント中でも、ある程度は綺麗でいてほしい!(なのでお漏らしとかも苦手;;)

イベントCGは差分抜いて145枚+SDのCG15枚、HCG率45%。イベント数は28。
(HCG率の計算にはSDCGを含めていません)
100枚を余裕で超える作品は久々だ〜! なので、納得の10点満点なわけです。
ちなみに画面サイズは1024*768でした。3:4の比率も、最近では珍しい。

■システム ・・・7点
演出強化パッチが出ていますので、OHPでパッチをDLしてください。

特に変わったところはない、普通のセリフ選択式ADVです。
ただ、操作で困った点はなかったこと、システム周りのデザインが綺麗で使いやすかったことを評価して
7点にさせて頂きました。
システム周りに関しては、アイコンがすごく凝ってた!デザインも、カーソル合わせた時のアニメも。

ゲーム起動時に毎回、起動設定を促されます。
表示にDirectXのどのバージョンを使うか、マルチコアレンダリングを有効にするかどうか という選択。
デフォルト設定(DirectX9 Linear 低負荷、標準画質)では、私のPCは画面真っ黒でした(涙。
で、その一つ下のDirectX7 Linearでプレイ。
これも「低負荷、標準画質」でしたが、画質について問題を感じることはなかったです。
設定画面の注意書きにある通り、CGを拡大すると確かにぼやけたけど。

そうそう、本作品で珍しいなーと思ったシステムは「いつでもイベントCGを拡大・スクロールできる」機能。
クリア後のGalleryとかだと見かけますけど、本編内で操作できるのって珍しくないですか?
ただ今回、この機能に気付いたのが割と後半だったので、他にも、機能があるのに気付いてない作品があるかもしれない(汗
あと、特に珍しいわけではないですけど、シーン転換時のアイキャッチが種類豊富で凝ってました。
クリックでスキップできるので、それほどウザさも感じず(見ろよw

セーブ数100。クイックセーブなし。
セーブ日付・時刻、ゲーム内日付・時刻、セーブ時のメッセージを16文字表示、サムネイル付き。
個別ルートに入った場合は、そのキャラのSDアイコンが付き、セーブ番号にもキャラに対応した色が付きます。
ま、可もなく不可もなく。セーブ100も使いませんけど。

セーブデータロード時に過去ログが残っているのは良いですが、もう少したくさん残っているとさらに嬉しかった。

■音楽 ・・・7点
音楽担当は、会社ではなく、音楽監督1名+ご担当者4名のお名前をエンドロールで確認。
ボーカル曲は全4曲。
オープニング『本当の勇気に変わるまで』とエンディング『希望の星〜HERO〜』を歌うのは橋本みゆきさん。
挿入歌2曲『Shooting The Future』『Mind Squall』を佐咲紗花さんが歌ってらっしゃいます。
劇中の盛り上がる場面での『Shooting The Future』が熱かった!プレイしながらぞわっとした。
上記4曲は、ショートver.ですが全てEXTRAモードに登録されます。
ボーカル曲は登録されないことが多いから、嬉しいわ〜。
なお、フルバージョンは初回限定版にはCDで添付されておりました。

ゲーム中BGMはいろいろな雰囲気のものがありましたが、イギリス貴族っぽい世界観に合っているように思う
オーケストラ・弦楽器の曲の方が印象に残っているかも。
総曲数は44。数が充実してますね。

■総評 ・・・8点
うちのサイトで総評8点の作品はちょこちょこあるんですけど、裏で持っている0.01点単位のランキングで見ると
結構上位に食い込む点数となりました。『DOUBLE』や『恋ではなく』よりも上!
濃ゆいエロ描写が苦手だったとはいえ、他に気になる点がなかったもんな〜。
熱いお話が好きな方にはおすすめ。
ただ、のほほんとしたラブコメ的要素は薄いので、そういうのが好きな方にはつまらない作品かも。

あと、妙にワルロマが私にハマった理由は、もうひとつあると思っています。
それは、ジョスト。
スポ根のテーマが、よくあるスポーツじゃなくてジョストだったので、見事にハマッた。
もちろんジョストなんてやったことないですけどw(この作品で知りましたさ)
私、馬が好きなんですよ。なぜと言われると困るけど大好きで。
なのでゲームしながら、厩舎の背景にときめいたりとか(マジ。
↑乗馬経験は体験程度ですがあるので、実際の厩舎を思い出して、あの時の楽しい気持ちを思いだしてときめくw
ありがとうジョスト!

・・・個人的すぎる理由は置いておいて。

スポ根はギャルゲではあまり見かけないので、そこを他の作品に求めはしませんが
ヒロインだけでなく、男女問わず魅力的な脇役をたくさん用意している作品はやっぱり面白い
特に学園モノは、友情を感じられて満足度が上がります。(なので、マブラヴとか好き!)

魅力的な脇役・・・ということでスピンオフ作品の制作決定は嬉しい。茜、お気に入りなので。
日記にも書いたけど、玲奈先輩もお気に入りで、続編出るなら期待してたので・・・残念。
とはいえ、次もしっかりスポ根してくれそうなので楽しみです♪


書く場所がなかったので最後に書きます↓
この作品はパッケージ※からおしゃれで、最初から最後まで楽しませて頂いた!満足。
※初回限定版パッケージ:スリムな箱+スリムケース
                外箱、内箱にニス加工(特に内箱のエンブレムがかっこいい!)
                ゲームディスク専用の紙ケース、敢えてシンプルなディスク面が良い。

■お気に入りキャラ:美桜
            迷った!スィーリアとどっちにするかで迷った!
            でも、個別ルートはもちろん、その他のルートでもとっても良い娘だった美桜を選択。
            ショートカットがとても似合ってる。私はロングの美桜よりショートの方が好き!

            ヒロインランキング(脇役含む)は
            美桜>スィーリア>リサ=茜>玲奈>ノエル>>ベルティーユ>綾子 だな。
            こっそり、ミアータにも期待してたのだがw ほぼ出ず残念。

■お気に入りシナリオ:リサ
            これもねー、ちょっと迷ったんです。他のヒロインのシナリオと迷ったわけではなく
            リサルートの全てがお気に入りなわけではないので、お気に入りとして良いかどうか迷った。
            というのも、リサにはもう少しツンデレを期待していた私がいたからw
            仲良くなったら、ちょう素直で、普通にかわいい娘になっちゃって残念←個人的な理由すぎる
            
            なので、恋愛描写はそれほどお気に入りじゃないんですけど、ジョストの描写は好きでした。
            なぜリサのベグライターになりたいと思ったのか、から始まって、
            フィオナに対する思いまで、上手く1本にまとまってたな〜と

            あと、単純に成長していく美桜よりも、一度挫折を経験するリサの方が読み甲斐があった。

■おまけ
 発売前のバナーキャンペーンに参加して、ありがたいことに当選&声優さんのサイン色紙を頂きました!
 届いた時の日記はこちら

2012.09.09

BACK