**伊吹の冬コミレポート**

今更ながら、2002年冬コミ(つまり冬コミ63)のレポートなんぞしてみます。
今更な内容でも、私にとってはかなりビッグイベントだったので記録に残しておきたくて…!
興味がある方のみ、気長に読み進めてくださいませ〜。

 

 皆さんが私のことをどう思ってらっしゃるかは知りませんが、わたくし、こういう「イベント」というものはまだまだ初心者であります(「ええ!意外!」とかも実際に言われましたけどね;;)。初同人誌即売イベント参加は去年(2002年)の10月(ComicCity大阪)でしたから…まだ半年経ってないんですよ!実は同人誌というものを知ったのも本館(Introduction参照〜)開設後なので、実はとっても純なヒトだったのですよ、ワタクシ(笑)。一気に侵されていきましたが…(苦笑)
 そんなわけで、当然「初・東のイベント」!そして「初コミケ」!謎に包まれたその怪しい空間に、私の期待と不安は高められていったのでした。

 今回の東遠征は、私をイベントに誘い込んでしまった方(Aさん)のサークル(28日出店)の売り子という形で行われました。そして仲間た皆、元はネットで知り合った方々です)が集まって4人で、27日に新大阪から東京へ旅立ちました。東京に着くまで、微妙に濃いオハナシで…。一応周りを気にして、変な言葉は使わなかったハズです。
―ちなみにAさんのサークルは『ハ◆○ン』扱いサークルで…ちゅんく先生と趣味が合ったのは全くの偶然&幸運でした―(わからない方のために解説:ちぇりーのシナリオライターちゅんく先生は、最近『ハ◆○ン』という少年漫画にはまってらっしゃるようです。「neige+永遠の都」のスタッフルームにて語られました)

 東京に着いたのは16時頃。さっさとホテル(品川)にチェックイン。そして荷物の整理です。
 私は大した荷物はなかったんですが、Aさんにはやはり、既に大きな荷物(ダンボール2箱+紙袋1)が届いていました。

伊吹「わー、本ですかー?新刊楽しみー♪」
A「違うよ…新刊は会場に直接搬入〜」
伊吹「え?じゃあコレは…?」
A「(にやりと)コス衣装。
伊吹「!!」

 そう、そうでした。我等がボスAさんは、コスプレイヤーでもあるのです!そして今回の冬コミ、仲間が一杯集まるのをいいことに、『ハ◆○ン』登場キャラ7人を揃える気だったのです。そのうち一人を除いては、皆今回Aさんに「着せ替えられる」方々で衣装は持ってない(私もその一人…)ので、すべてAさんが持参。しかも都合により、Aさんは3日間滞在する予定だったので、2、3日目用の衣装もお届け。ご…ご苦労様です。

夕ご飯を食べに行くにはまだ時間があったので、その衣装で遊んでみることにしました!(微妙に乗り気でしたね私は;;)
 まずは28日に着る、それぞれ担当の『ハ◆○ン』キャラ衣装を試着。みんななかなか似合ってて爆笑。なぜか私も好評。
 どうせならいかにも「コスプレ!」て感じのが着たい…ということで、その後試着させて頂きましたのは、ちぃ衣装(爆)。白ちぃ用が2着あったので、一緒に売り子をするEさん(漫画家の卵☆)と同時に着てみました。こっそりバスルームで着替えて出てきたEさんが可愛すぎて私は思わず叫んでしまいました(笑)。ビスチェみたいな感じのトップスにカボチャパンツだったんですけど、「お姫様お昼寝スタイル」な感じ。あまりの黄色い声に、隣りの部屋にいたもう一人の仲間、Hさんも気になってしょうがなかったとか。(後日談)
 私のはえらく背中があいたドレス(挿絵次ページ)で、「Aさんこんなの、大変ですね外で。」とつい心配。着るのは楽しかったですが証拠が残るのは何かと怖いので、この写真は残っておりません。激レアショットでした。
 その後、駅前の店にご飯を食べに行って、夜もだらだらとトークして、「明日は早いから早寝しなね!」と言っていたのは見事に達成されなかったのでした。

28日レポへ→